貸切バスを冠婚葬祭で利用する

貸切バスを冠婚葬祭で利用する

貸切バスを冠婚葬祭で利用する 結婚式で遠方から来てくださる親戚の送迎や大切な法要での移動の手段に、貸切バスを利用する人も多いのです。
貸切バスを利用する利点としては、10人以上の人数での移動が一度にできることです。
タクシーを一台ずつ用意するとなるとお金もかかりますが、バスであれば全員一緒に乗り込むことが出来るのでバスの中で親族たちが楽しく会話することも出来ます。
また披露宴や法要が終わった後の食事などではお酒を飲む場合も多いと思います。
貸切バスを用意することにより、運転する心配がいらないので皆が楽しく過ごすことが出来ますし、高齢の方をお招きする時は自宅前あるいは自宅近くまで安全に送り届けることが出来るので喜ばれます。

貸切バスにはミニバス、マイクロバス、小型バス、中型バス、大型バスと5種類のバスが用意されていて、乗る人数や用途によって使い分けることが出来ます。
例えば結婚式や法要で10から25名程度の親族が乗る場合、ミニバスやマイクロバスがおすすめですが、招待するお客様に車内でもゆったりとしていただきたいと考えるなら小型バスの利用が適していることもあります。

また旅行などで荷物が多い場合などではミニバスやマイクロバスにはトランクルームがないので、小型バス以上のものを選ぶほうがよいでしょう。
目的や乗る人数で貸切バスを上手に利用したいですね。

お知らせ