貸切バスを賢く利用する5つのポイント

団体で貸し切って観光に、会社の旅行に、大勢の人数がまとまって移動するのに便利な貸切バス。
実際に貸切バスを手配する際に留意しておくと、上手なレンタルができるポイントをお教えしましょう。

料金は、各バス会社が地域の運輸局に届け出を提出することで決定されます。
バス会社によって多少の差はありますが、概ね安全性の確保を考慮した料金設定となっています。
抑えておくべきポイントは、車種、時季、曜日、利用時間および距離、そして装備の5点です。これら5つのポイントを踏まえてレンタルに臨めば、賢く貸切バスを利用することができます。

車両の種類によって貸切バスの料金は異なります。
ミニバス、マイクロバス、小型・中型・大型バスと、貸切バスには様々なタイプがあり、サイズや設備、乗務員やバスガイドの人数など、バスの規格や仕様の違いで価格に差が出てきます。
また、季節によって貸切バスの料金は変動します。

繁忙期と閑散期では当然料金が大きく異なっています。
比較的安価な時季は、5月末から7月初めにかけて、あるいは11月末から2月初めにかけてでしょう。
曜日に関しても平日と土日祝日では異なりますし、利用時間や走行距離も料金に大きく関係します。
5つのポイントをきちんと考慮しておくことは、貸切バス選びに大きく左右します。